阪神高速道路8号京都線(京都高速)がきょう19日開通したとのこと。

京都市南部を南北に貫く「油小路(あぶらのこうじ)通り」の上鳥羽から巨椋池(おぐらいけ)インターチェンジまでの間が開通。巨椋池から先は「第二京阪道路」となり、将来には門真で近畿道や中央環状と繋がるようです。

油小路通りは京都市中心部を往く「堀川通り」に繋がっているので、京都市中心部から大阪で一本の道が繋がったことになります。

しかし現在は名神高速とは繋がっておらず、京都南インターの渋滞がどれほど緩和されるか疑問ですな。

あと、上鳥羽から先はいくつかの路線に分岐されるようですが(堀川通りを往く線は全ルート地下に潜るのだそうで)、共産党の京都市議団が、京都市の財政悪化を理由に未着工路線の建設中止を求めているそうで。さてどうなることやら?


リンク:
京都高速
京都初の都市高速道路、部分開通 阪神高速8号京都線@朝日新聞