見てきました。まだ公開中なので、スジには触れないでおきます。
圧巻なのは、生のドリフトシーン。これは迫力満点です。これだけは家のビデオじゃなく、ぜひ映画館の大スクリーンで見ることをお薦めします。小さいテレビでは全然迫力が。

原作は日本の漫画らしく、舞台は群馬の榛名山界隈で週末の夜に開かれる走り屋のバトル!全て日本ロケであの五月蠅い行政や警察をうんと云わせたんのはすごいが。
香港映画の配給で、ヒロインの鈴木杏(あん)さんを除いて、すべて香港の俳優さん。日本語吹き替え版を見たんですが、字幕版の場合、鈴木さんは現地のことば(広東語)の台詞でいっていたんですかね?

仕事帰りに映画館に寄ってみたんですが、もしクルマでシネコンにいって上映見たtら、入り込む性質なので・・・・みなさん安全運転で(苦笑)


リンク:
頭文字<イニシャル>D THE MOVIE@エイベックス
『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』鈴木杏単独インタビュー@Yahoo!ムービー