日本サッカー協会(JFA)の犬飼基昭会長が「就任時70歳未満」の定年に1期を残しながら退任。後任には小倉純二副会長が昇格とのこと。

新会長の小倉副会長は70歳を過ぎていますが、国際サッカー連盟(FIFA)の理事を務めており、日本協会の規約で定年を過ぎても会長に就くことができるそうです。

W杯招致のことがあって小倉氏の会長就任となったのでしょうか?
犬飼会長が進めていたJリーグの「秋春制(冬季開催)」の問題はどうなるのかも気になります。

リンク:サッカー協会 犬飼会長退任、小倉副会長が昇格へ@朝日新聞




続きを読む